HOME >  本当に効果的?こんな豊胸アプローチ >  バストアップが期待できる食生活

バストアップが期待できる食生活

バストの大きさで悩んでいる女性は少なくありません。豊胸手術をする前に、まず食生活から変えてみてはいかがでしょうか? 今回はバストアップが期待出来る食べ物について紹介します。

 

バストアップ効果を求めるなら大豆製品を食べよう

バストアップが期待出来る食品として、大豆製品がいいと聞いたことがある人もいるでしょう。胸を大きくするためには、女性ホルモンは欠かせません。大豆製品には女性ホルモンと似た働きをする成分があるため、バストアップ効果が期待出来ると言われているのです。

 

大豆製品のどんな成分にバストアップ効果が期待出来る?

バストアップ効果がある女性ホルモンは「エストロゲン」と言います。このエストロゲンと似た働きをするのが、大豆製品に含まれている「大豆イソフラボン」なのです。エストロゲンの過剰分泌は乳がんなどのリスクを高めてしまいますが、大豆イソフラボンはそういったリスクがないので、バストアップ効果のために多少多く摂取しても身体に影響はないと言われています。

 

同じ大豆製品ばかり食べていても大丈夫?

大豆製品にバストアップ効果があるからと言って、常に食べ続けるのは苦痛にしかなりません。しかし、食べ物によるバストアップ効果は一時的に食べ続けるのではなく、長期間継続することが大切なのです。その場合、同じ製品ばかりを食べるのではなく、さまざまな大豆製品をローテーションしながら食べると、苦痛を感じることもありませんし、飽きずに継続出来るコツです。

 

大豆製品の効果を得るためには?

大豆イソフラボンには2種類あります。「グリコシド型」と「アグリコン型」という2つですが、性質的には同じとされています。しかし、吸収されやすさに違いがあり、より吸収されやすいのはアグリコン型の方です。つまり、バストアップ効果を求めるなら吸収の早いアグリコン型の方をメインに摂取するといいでしょう。ちなみに、このアグリコン型を多く含んでいるのは「味噌」です。味噌汁を作って毎日飲めば、自然とアグリコン型も摂取出来るということです。

 

バストアップにはたんぱく質も効果あり?

バストアップ効果で「大豆イソフラボン」がいいとされることは知っていても、たんぱく質も効果があるという話はなかなか聞きません。なぜたんぱく質にバストアップ効果があるのでしょうか?

 

たんぱく質は女性ホルモンの分泌を促してくれます

バストアップ効果を求めたいのであれば、乳腺を発達させるのが一番です。その乳腺の発達に効果的なのが女性ホルモンである「エストロゲン」です。たんぱく質には女性ホルモンの分泌を促す働きがあるため、たんぱく質を摂取することでバストアップ効果が期待出来るのです。

 

たんぱく質を摂取することで、しっかりとした大胸筋を作ろう

バストアップ効果があっても、ハリのない胸だと垂れてしまって、あまり見栄えの良いバストとは言えません。しっかりとした大胸筋を作るためには、たんぱく質をきちんと摂取することが大切です。その理由は大胸筋の土台になるものは、たんぱく質で出来ているからです。つまり、たんぱく質が不足していると大胸筋が衰えてしまうので、ハリのあるバストが作れないのです。

 

たんぱく質の過剰摂取には注意!

たんぱく質を過剰に摂取すると、乳がんのリスクも高めてしまうことになります。なので、1日に40g程度の摂取量に抑えておきましょう。過剰摂取することでエネルギー消費が間に合わず太ってしまったり、腸の機能低下から便秘などに悩まされる可能性もあるので、十分気をつけましょう。

 

バストアップに効果のある食材はまだまだある!

バストアップ効果がある食べ物は、大豆製品やたんぱく質だけではありません。他にもたくさんあるので、毎日の食生活に取り入れて、バストアップ効果が出るように継続していきましょう。

 

 

ヨーグルト

ヨーグルトは腸内環境を整える製品として知名度が高いのですが、たんぱく質を豊富に含んでいることからバストアップ効果も期待出来るとされています。ヨーグルトであれば、日常の食生活に取り入れやすいですし、比較的安いので継続しやすいメリットがあります。ヨーグルトが苦手な人は、ジャムなどを混ぜてヨーグルトの味を少し誤魔化して食べてみるのもオススメです。

 

マテ茶

マテ茶はt健康に良い飲み物という認識が高いかと思いますが、実は亜鉛が豊富に含まれていることによってバストアップ効果も期待出来るのです。ペットボトルでもありますが、ティーパックのマテ茶もあるので、1日1杯だけでも飲むようにすれば、継続することで効果が期待出来る野ではないでしょうか。

 

アボガド

アボガドには、バストアップの助けとなる脂肪分や抗酸化作用が高いことで有名です。大きな働きはありませんが、バストに栄養を送ってハリを持たせたりする効果は期待出来ます。ただ味と匂いなどで、好き嫌いが極端に別れる食品でもあります。ヨーグルトなどと比べると、なかなか手を出しづらい食品でもあるのですが、森のバターと言われるほど脂肪分がたっぷりなので、食わず嫌いの人も一度食べてみてはいかがでしょうか。

 

バストアップに悪影響を及ぼす食品とは?

バストアップ効果が期待出来る食品があるのですから、逆の効果を持つ食べ物があるのも当然です。ここでは知らずに食べたり飲んだりしないよう、悪影響を及ぼす食品を紹介します。

 

コーヒー

コーヒー好きは胸が小さい人が多い、という実験結果があります。スウェーデンで300人を対象に調べた結果、コーヒーを1日3杯以上飲む人と飲まない人では平均にして17%ほど胸が小さくなることが判明したのです。胸の大きな人ほど、コーヒーを飲み続けることによって小さくなってしまう可能性が高くなります。どんなにコーヒーが好きでも1日2杯程度に抑えておきましょう。

 

キャベツ

アブラナ科の野菜は「インドール」という成分が多く含まれています。キャベツにもインドールが含まれていて、女性ホルモンの分泌を抑制されてしまいます。しかし、キャベツには「ボロン」という成分が含まれていて、バストアップ効果の高い食べ物としても知られています。これはどちらも正解なのです。キャベツは生で食べると、バストアップ効果のある「ボロン」の効果が期待出来ますが、熱調理することによってボロンの効果が消えてしまい、インドールの成分だけが残ってしまうのです。

 

ブロッコリー

アブラナ科の野菜の中で、もっともインドールが多く含まれているのがブロッコリーです。健康のために食べるには適した野菜なのですが、バストアップ効果だけに視点を置くと、あまりオススメできない食品にランクインしています。胸を大きくしたい女性はブロッコリーだけではなく、アブラナ科の野菜を控えめにすることが大切かもしれません。

 

バストアップと聞くと、豊胸手術を考える人も多いです。しかし、まずは食生活を見直してバストアップ効果が得られないかを考えましょう。豊胸手術に踏み切るのは、食生活を見直した後でも問題ありません。むしろ、知らずにバストアップ効果を制限する食べ物を食べている人も大野ではないでしょうか。大豆製品やたんぱく質、ヨーグルトなどを積極的に摂取して、バストアップにいそしみましょう。こういったものはすぐに結果を求めるのではなく、長く継続することで効果を得られます。焦らずに、食生活の見直しからバストアップを目指しましょう。