HOME >  クリニックで行う豊胸手術の選び方

クリニックで行う豊胸手術の選び方

豊胸バッグ

豊胸バッグは、確実にバストをボリュームアップさせたい方に向いています。

ヒアルロン酸や脂肪は十分な注入量が確保できないおそれがありますが、豊胸バッグならボリュームアップさせたい分だけ大きなバッグを挿入することができるので、手軽かつ確実な豊胸方法となります。

施術方法は脇の下を数ミリ切開し、そこから専用のバッグを皮下に挿入していきます。バストアップさせたい部分に挿入したのち、形や位置を整えて脇を縫って施術が完了します。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入は、大がかりな手術は避けたい、手軽かつ自然にバストサイズを上げたい方に向いている方法です。

施術方法は専用のヒアルロン酸を皮下に注入するだけで、ダウンタイムなどの心配もなく安全に施術を終えることができます。

脂肪注入

脂肪注入は、ヒアルロン酸ではなく自分の脂肪を使ってさらにナチュラルにバストアップを期待したい方に向いている方法です。

ヒアルロン酸は時間がすぎるとともに体に吸収されてしまいますが、脂肪にはその心配がありません。

施術方法はまず体の脂肪の多い場所(お尻や太ももなど)から脂肪吸引を行って一定量の脂肪を確保し、脂肪の中にある不純物を除去してからバストの皮下に注入します。

レーザー

レーザーは、血液やリンパの流れを活性化させてバストアップを図る方法です。

シリコンバッグやヒアルロン酸などを体内に挿入する必要がないため、副作用などの心配がなく安全にバストアップを図りたい方に向いています。

施術方法はバストにレーザー波を照射して、バスト内の脂肪細胞の周囲組織液の浸透圧を下げ、脂肪細胞を大きくしていきます。

レーザー波を照射することによって胸の張りを支えている靭帯の繊維が新しいものに生まれ変わり、より強固な靭帯となって胸の張りやバストアップ効果につながります。

超音波

超音波は、レーザー同様に異物を体内に挿入する必要がないバストアップ方法です。副作用の心配がなく、安全に豊胸を目指したい方に向いています。

施術方法はEUS(体外式超音波)と呼ばれる特殊な超音波をバストに照射するだけで、バスト内の脂肪細胞が変化することによって豊胸効果が得られます。

ヒアルロン酸注入など他の豊胸術と組み合わせて行われたり、術後のアフターケアに用いられることもあります。