HOME >  豊胸バッグQ&A >  豊胸バッグQ&A「乳がん検診ができない」は本当?

豊胸バッグQ&A「乳がん検診ができない」は本当?

豊胸バッグで豊胸後は乳がん検診を断られる?

乳がん検査はマンモグラフィーとエコーによって行われます。豊胸バッグで豊胸後はマンモグラフィー検査を断られる可能性もあるという噂を耳にしたい人もいるかもしれません。

実際、乳がん検診を受診するときの問診でも豊胸の有無をチェックする項目があるので、「もしかしたら検診をしてもらえないのではないか」と病院で不安になってしまう方も多いことでしょう。

しかし、豊胸バッグで豊胸をしていても、乳がん検診は受けられます。エコーはもちろん、マンモグラフィー検査も受けられるのです。

ただ、豊胸バッグの手術をした方が気がかりなのは、検査の精度の低下が指摘されていること。豊胸をしていない人に比べると精度の低さに問題点があるのです。

ただ、受診を希望する場合には、断られることはなく、問題点について十分に理解した上で検査を受けることとなります。

【参考】

なぜ豊胸後は乳がん検診を受けられないと噂されたのか

なぜ豊胸している人はマンモグラフィー検査が受けられないという話しが流れたのかというと、その理由は2説考えられます。

まずは、マンモグラフィー検査は胸を挟んで検診する機械なので、バッグ破損などの恐れがあると考えられたからです。

じっさい、マンモグラフィー検査でバッグが破損することはないのですが、検査後にもしもバッグ破損して、「検診の時に破れたのかもしれない!」とならないように、事前に注意している病院もあるのかもしれませんね。

次の説は、市の乳がん検診など、決まった時間内に多くの方を診ないといけない病院に受診したときに断られたという説です。

市の乳がん検診や会社の健康診断などは、1人にかける時間があまりないために、精度の低さに承諾を取ったり、1人1人に詳しく説明している時間がないためきちんとした対応ができない可能性もあるのです。

また、自治体検診等の場合、特殊な撮影技術と読影診断の経験が豊富な医師がいないのも、断られる大きな原因です。

乳がん検診は早期発見のためにとても大切なこと

このような背景があるため、豊胸経験者は乳がん検診に行きにくさを感じている人も多いのですが、乳がん検診に行かないということは、ガンなどの病気を早期発見できないというとてもリスキーなこと。きちんと検査をして早期発見をすることは自身の健康にとってとても重要なことなのです。

それでも、病院へ行くのがちょっと怖いという人で、これから豊胸手術を受けるという方に参考にしていただきたいのは、乳がん検診の時にとてもリスクが少ない脂肪豊胸についてです。

脂肪豊胸は人工物ではなく自分の脂肪を注入するため、マンモグラフィーとエコーともに検査が可能で、検査の精度も問題視されていません。

豊胸経験者でも乳がん検査は受けられる

たとえどのような豊胸法であれ、「全ての病院に乳がん検診を断られる」というわけではありません。

心配な場合はあらかじめ豊胸手術を受ける前に医師に相談したり、乳がん検診を行っている美容クリニックや乳腺専門のクリニックを頼るのも一つの手段だと思います。

あらかじめ豊胸経験者の乳がん検診を行っているかどうかホームページなどで調べてから受診すると安心ですね。