レーザー

このページでは、レーザーによる豊胸術を紹介しています。

レーザーによる豊胸施術とは

レーザーによる豊胸術では、特殊なレーザーをバストに照射し、血液やリンパの流れを促進させます。これにより、バストの脂肪細胞の栄養吸収力が高められ、結果としてバストの脂肪細胞が膨張。ボリュームが出るという理論です。

またレーザーを照射することで、乳房を支えるクーパー靭帯が強化され、バストのハリや引き上げ効果も出るとも言われます。新陳代謝が促進されるため、肌が美しくなる、女性ホルモンの分泌を活性化されるなど、女性にとってうれしい相乗効果も期待できるとか。

メスを使わないバストアップ法として、ヒアルロン酸注入によるプチ豊胸と並び、人気です。

レーザー施術のメリット・デメリット

レーザーによる豊胸術には、以下のメリットとデメリットがあります。

【メリット】

  • 手軽である…レーザーを照射するだけの手軽な内容なので、気軽に受けられる。
  • バストアップ以外の効果も…女性ホルモン分泌の活性正常化、肌が美しくなるなど、美容効果も高い。
  • ダウンタイムがない…施術後には痛みや腫れ、そして日常生活上の行動制限がない。

【デメリット】

  • 効果に個人差がある…誰でも必ず成功するという保証がない。
  • 施術中に多少の痛みがある…高温のレーザーを照射するため、多少の痛みを感じる。麻酔は必要。
  • 価格が高い…1度の照射で平均して200,000円ほどの治療費がかかる。
  • 治療が受けにくい…施術自体を扱っている美容外科が少ない。

誰でも手軽に受けられる点が人気の施術ですが、同じく切らない豊胸として人気のあるヒアルロン酸注入と比べると、確実にバストアップする方法とは言えないのが難点です。

また、1度の照射に200,000円程度の費用がかかるため、効果がなかったからといって、何度もチャレンジするのが難しいという欠点もあります。

確実に効果を得られる上、細かいカップ数の調整も可能。価格も比較的手ごろなため、まずはヒアルロン酸注入によるプチ豊胸をお試ししてみるのがオススメです。

確実にバストアップをしたい方へオススメ!
切らないプチ豊胸を扱うクリニックin名古屋

体験者の口コミ

  • 日帰りで受けられて、ダウンタイムも特にないので、仕事をしている私にはありがたかったです。治療後1ヶ月は、激しい運動は避けた方が良いそうです。
  • 治療を続けていくと、胸に自然なハリとツヤが出て、リフトアップしていくのがわかりました。手術は体に傷を付けてしまうようで踏み切れなかったのですが、レーザー治療なら精神的にも負担がなく、満足できました。
  • メスを入れない安心感に惹かれてレーザー豊胸を試しました。私には効果があまりありませんでした。数回受けて、少し胸が張るような感じはありましたが…。続けていたら違ったのでしょうか?

レーザーによる豊胸術は、施術をしているクリニックが少ないため、あまり多くの体験談は見つかりませんでしたが、体験者は「メスを入れない」「体に負担が少ない」といった点に魅力を感じて踏み切った方が多いようです。

効果については人それぞれで、2カップ大きくなったという書き込みが見られましたが、劇的なサイズアップが出来たという方は見当たりませんでした。まだまだこれからの部分がある技術と言えそうです。